VIO

ゆいです!こんにちは♡

お客様お客様

Vラインはわかるけど、IラインOラインって?

Vラインだけのお手入れじゃダメなのかなぁ?

聞きたいけどなかなか聞きにくいデリケートゾーンのお手入れのお話です♡

基本の「き」!VIOってそもそも何?

デリケートゾーンの脱毛ですが、主に3か所に分かれています。
それがVライン、Iライン、Oラインです。
それぞれどこを指しているのか、ひとつずつ見ていきましょう!

Vライン

正面から見た時に見えている部分です。
ビキニラインとも言います。
脚の方まで太い毛が生えてしまっていてお悩み…という方もいらっしゃるかもしれませんね。
ここは毛が太いだけで、お肌は他の部分と変わらないので、比較的自己処理しやすいところだと思います。
見えるだけに、一番気になる部分でもあります!

Iライン

脚の付け根であり、陰部の両側の部分です。
最も蒸れやすく、かゆみが起こりやすい場所でもあります。
自分では見えにくい場所ですし、危ないので、自己処理はやめておいたほうがいいです。

Oライン

お尻の奥、もしくはその周辺を指します。
ここは自分では見えない部分ですので、自己処理はできませんね。

VIOはセット!Vラインをどんな形にしたとしても、IとOの脱毛は必要♡

ゆいゆい

わたしも初めは、Vラインだけの脱毛でいいやと思っていました。

初めてサロンに行った時、わたしもVラインだけがキレイになればいいと思っていました。
その方が値段も安くで済みますし…(笑)

ただ、Vラインはキレイに整えてあって、清潔感があるのに、
IラインとOラインがボサボサだったら、なんかチグハグですよね。

それに、IラインもOラインも、サロンで脱毛してもらったほうがいいです。
何しろ、よく見えませんし、危ないですからね!無理をしてお肌を傷つけてしまっては大変です!

サロンの方によると、初めはVラインだけの契約でも、後からIライン、Oラインの脱毛を追加で契約される方もいらっしゃるようです。

どうせだったら一気に始めて一気に終わった方が、ダラダラ通わなくていいし、成果も感じやすいと思います。

VIOの脱毛にはメリットがあります!

VIO

VIO脱毛のメリットは、見た目のキレイさだけではありません。

それは、デリケートゾーンを清潔に保ちやすい!ということです!

女性のデリケートゾーンは構造が複雑ですし、下着もぴったりしているため、いつも蒸れやすい状態なんです。
そのため、ニオイやかゆみが気になることも多いです。
特に、生理中なんかは普段よりも蒸れやすくて、ブルーになってしまう方も多いのでは?

そこで、IラインとOラインを脱毛しておくと、蒸れ感がかなり軽減されます。
ムダ毛がないことにより、汚れや水分がふき取りやすくなるので、清潔に保ちやすくなるんです♡

VIOどんな形にするのがいいのかな?

前回の記事では、Vラインの形をいくつか解説しました。
では、IラインとOラインはどうしたらいいのでしょうか?

Oライン

Oラインは全部キレイに処理してしまうのが大正解♡
だって、必要ないですもん。
衛生的にもキレイにしておくべきです!

Iライン

問題はIライン!
全部脱毛してしまうか、一部残すかです。

全部脱毛すると、スッキリ感はすごいです。
ただ、Vラインの形や毛の長さによっては、割れ目が見えてしまって少し恥ずかしいという方もいらっしゃいます。

一部残す場合は、Vラインの余韻を少し残す感じで、Iラインのはじまりの部分は少し残す感じがきれいだと思います。
施術前に相談すれば、自然な形にしてくれますよ。

ゆいゆい

私はIラインの前のほうを少し残して、自然な感じにしています♡

迷って決められないという方は、サロンでの脱毛は1度施術しても初めのうちは生えてくるというのを活かして、
一度は全部脱毛してしまうのもいいと思います。

様子を見て、やっぱり恥ずかしいかな?と思えば、次回の施術では少し残すようにお願いすれば大丈夫ですよ!

まとめ

VIO

私もVIO脱毛経験者ですが、本当にやってよかったです。
かゆみやニオイでブルーになってしまうなんてもったいないですよ!
見えないところまでキレイにして、さわやかな気持ちで毎日を過ごしましょう♡