はじめまして
エステティシャンのゆいです。
プロフィール見て頂いて有難うございます。
ご縁ありまして、こちらで記事を書かせて頂いてます。現在妊娠5ヶ月の双子ちゃんを妊娠している専業主婦です。

高校卒業後、美容の専門学校へいき、20歳から29歳までエステティシャンとして働いておりました。

image1-640x480-2

天真爛漫世界は自分が中心小学生の私

この頃の私は美容とは全く関係のない世界に生きていました。もともと食べる、寝るがとても大好きな私は、私利私欲のまま幼少期を過ごします。
長女ということもあり、周囲に甘やかされ、思ったことはなんでも口にして悪くいうととてもワガママ!
良くいうと超活発前向き我が道をいく女性だと思います。彼女は太陽のような存在で、とても素直なありのままの表現者です。

世界との拒絶人、中学生の私

急に世界は一変します。
中高の私はひどいコンプレックスの塊でした。
小学3年生から生理が始まり、中身は子供、外見は大人の身体になりアンバランスになりました。
そして顎から頭の中までひどいニキビの数に悩まされると同時に体はどんどん脂肪をつけて、140㎝で55㎏まで体重が増えました。
周りからは心無い言葉を浴びせられ、自分自身の存在理由がわからなくなり、自身の気持ちを表現するのをやめました。
のちにこの体験がバネとなるのですが、当時の彼女は自分の写っている写真を燃やしていました。
彼女は私の中の月であり、人の痛みに敏感な優しい女性です。

憧れの一心で、、高校生から美容学校

p1040876

そんなコンプレックスまみれの私がこのお仕事を目指すようになったのは、恋がしたいという気持ちでした。
当時あいのりという番組で色々な境遇の人が逆境を乗り越えて真実の愛で結ばれる。そんなドラマチックな恋がしたい!
不純な動機ですが、初めは自分のためにダイエットと肌の改善に務めました。風のようにまっすぐに突き進む彼女のおかげで私は恋ができ、
体重は標準になりました。ニキビこそ化膿した顎のラインが消えませんでしたが、変わる勇気と変われる真実を教えてくれた努力の人です。

社会人から初めての妊娠、感謝の日々

無事就職を終え、仕事につきましたが美容現場は私の想像を遥かにこえた、厳しい現場でした。
お客様からの厳しいご意見で夢をあきらめかけた一年目、それでも支えてくれたのはスタッフとお客様でした。
美容現場は商品を進めるところではなく、個々が望む、私だけの、私に対してのアドバイスを提供する場だということ、
ご来店頂いた貴重な時間に見える物、聞こえる言葉、触らる感触五感全てを包み込みたい、そんな心身の浄化を教えてくれた環境に感謝できる心を教えてくれた現場に感謝の気持ちでいっぱいです。そんな心の幅を教えてくれた感じる事のできた私になれたのは、私を含めこの四人がいてくれたおかげなのだと、29年生きていてやっと人を好きになれました。

まとめ

s__6103047

今は美容の仕事は妊娠のためお休みしています。
女性は様々な悩みがあり、苦悩する事も多いと思います。トラブルとだけみるとつらい気持ちが多いと思いますが、
トラブルは身体からのサインです。そのサインは絡まった糸のような物ですが、身体に耳を傾けて、
そっと解いていけたらまた違った自分を好きになっていただけるのではないかと思います。
美容を通して心身共にお客様から学ばせて頂いた素敵な出会いから、
少しでもお役立ちできる美容情報を提供できたら幸いです。